ケセラセラ主婦参上・・・・日記(*・ェ・*)ノ~☆ 今日は水泳の記事じゃないよ(+。+)アチャー。
FC2ブログ
日々の生活を書いちゃいます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は水泳の記事じゃないよ(+。+)アチャー。
プールがお休みなので今日は違う記事を書きました。何日か更新しないと見てもらえないかもと・・・・イジイジ 自信が欲しいわ・た・し
我が家のラル男を見るたびに、長生きをして欲しいと願う。
先日、新聞の欄の“ひととき”に「ごめんねラッシー」と言う記事を投稿されていた。私の大好きなページのひとつです。
後ろ足が立たなくなって1年余り、2ヶ月前からは前足も・・・・・でも食欲だけで持ちこたえていたこと。
そのラッシーが夜中に苦しむ姿が長くなり、この苦痛から早く楽にしてやりたいと・・・との願いで病院へ
先生曰く「これ以上よくなることはない、麻酔薬を多く投与すれば眠ったまま逝ける」と聞きお願いをした。
自宅に帰り眠ったまま5時間後苦しむこともなく安らかに最期を迎えたが、あれほどの苦痛から開放してやりたいと願った事が自責のねんが残り、むなしさだけが残ると書いてありました。
我が家のスターラル男も私たちが飼い始めてもう5年以上になる。
人間も動物も生まれたときから死に向かって生活をしていることは分かっているが・・・・・ラル男が・・・何時か・・・・と思うと悲しくなる。
母が可愛がっていたハナも不治の病にかかり、最後は食べ物をもうけつけず、ただ衰弱死を待つ日々を思い出しました。
コタツの中で今にも・・と言うときにコタツから出てきて私の傍ですぐ横たわりました。最期というのが分かっていたのかもしれません。
私は背中をさすりながら、けいれんをしながら死を迎えているハンに「心底から早く死んでー、苦痛から開放してあげたいと」泣きながらさすり続けました。何分かけいれんを続け、永眠をしたときには本当に「よかった」とまた泣きながら背中をさすってやりました。
今玉は我が家の山の畑でカルマと一緒に眠っています。今これを思い出しても涙が止まりません。
幼児虐待、殺人の記事が載っていない日はないくらいに世の中のひずみをかんじますが、またこういう記事も
家族の一員として可愛がられ動物たちもいると言うこともホットする記事でした。まだ涙が・・・年になったんだなー私が             
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ケセラセラ主婦参上・・・・日記(*・ェ・*)ノ~☆. all rights reserved.

カスタマイズ:


javascript:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。